外国人のスタッフに髪色の規定の説明するためには

外国人のスタッフに髪色の規定の説明するためには

外国人のスタッフに髪色の規定の説明するためには

日本企業における外国人社員の割合が増えている中、就業規則を説明することは、未然にいろいろなトラブルを防ぐために、必須になります。母国語で就業規則を訳して周知させるにも、こと髪色の規定に関しては、難しいものがあります。

日本では「茶色」というと、「こげ茶・うす茶色・栗色」等くらいしか思いつきませんが、英語ですと茶色にも様々なネーミングがついています。

ダークブラウン、ライトブランに加えてチェストナッツブラウン、ウォールナッツブラウン、コッパーブラウン等々。

日本と比較して、色を説明する際にアメリカでは「どういったブラウンなのか」というのを細かく説明しなければならないもよう。

美容師さんならともかく、カラーを専門としていない職業についている一般の私たちにとって、この微妙な色の差を説明するのはなかなか至難の業。

一度外国の方に髪色説明をしたときに、「茶色は茶色でもどの茶色なのか?」というのを聞かれ、うまく説明できずに困ったこともあります。

日本では中々そこまでの詳しい色の説明は求められませんが、髪色規定を定めている学校や企業ではやはり明確な規定の必要性を感じていらっしゃる場合がほとんどだと思います。

そういった企業様や学校様に是非ご利用頂きたいのが、言葉での説明が不要で髪色規定が一目瞭然なカラーレベルスケールです。

色サンプルで分かりやすく示すことができますので、個人個人の不満を防ぐことも出来ますし、多くの指導担当の方に喜んで頂いておりおすすめです。

外国人のスタッフに髪色の規定の説明するためには